ごはんに合うおかず【冬編】

からだをポカポカ温める

干し葉汁(ほしばじる)

 雪に閉ざされる東北の寒い冬。体を温めてくれる食べ物が恋しくなります。鍋料理は冬の食卓の主役ですが、もっと手軽に食べたい体ポカポカ料理が「干し葉汁」。昔から東北地方の農村で作られていた汁物で、岩手県では盛岡を中心にほぼ全域で食べられてきました。
 ほしっぱ汁、ほすっぱ汁など地域によって呼び名は少しづつ違いますが、「干し葉」とは大根の葉を干して乾燥させたもの。 かつては秋に収穫した大根を漬物にしたあと残った葉も捨てず、軒下などに干しておいたのだそう。カロチンなどの栄養素を含む干し葉は、野菜不足になりがちな冬の貴重な保存食だったのです。

 汁の具材としては干し葉だけの場合もあれば、凍り豆腐やふのりなどを入れることもあります。だしは煮干しのほか、鰹節でとることも。具材に火が通ったら味噌と酒粕を好みの割合で溶かして完成。酒粕の分量が多ければ多いほど濃厚な味わいになり、酒粕と塩だけで味つけをすることもあります。柔らかな干し葉にとろりとした汁が絡んで食べ応えも十分、食べ終わる頃には酒粕効果で体もポッカポカです。

 昔は各家庭で作られていた干し葉ですが、現在は岩手県内の産直施設などで入手可能。乾燥した葉は水で戻したのち熱湯で煮て、柔らかくなったら細かく切って水気をきります。これを団子状にまとめて冷凍しておけば、そのままだしに入れて使えます。産直施設によっては、冷凍の干し葉団子も販売されていて便利です。岩手の寒さを乗り切る知恵が詰まった冬の味、ぜひ一度お試しください。

つくりかた

過去の記事

このページの先頭へ

〒020-0842 岩手県盛岡市湯沢15-1-2 TEL 019-638-0120(代) FAX 019-637-7911